藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

時空を超える国宝茶室「如庵」!

福祉

時空を超える国宝茶室「如庵」!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

明治時代に入って売却され、貸座敷として運営されていた!

国宝茶室「如庵」は1912年、東京の三井家本邸に移築される。本邸は太平洋戦争時の空襲でほとんど焼失する!

国宝茶室「如庵」は三井家が1938年に神奈川県大磯町の別邸に移していたため、難を逃れた。その後1970年に、今度は所有者が名古屋鉄道へと変わる。移築先には明治村も候補に挙がったが、「明治の建物ではない」などの理由から、1972 年に犬山城の東にある有楽苑(名鉄犬山ホテル敷地内)に移築されたのです。国宝茶室「如庵」の中へ入るには、隣接する重要文化財の正伝院書院の建物から如庵へ。そして勝手側から茶道口を抜けて、茶室に入る。茶室内は意外と明るくて広い感がする。勝手側を除く3面の壁と屋根裏に、合わせて6つも設けられた窓は、それぞれに異なるデザインで光の効果に違いをもたらしている。そのうち東側の2つが竹を細かく並べた「有楽窓」である。またこの茶室のもう1つの特徴が、床の脇と茶道口の間に斜めの壁を設けて、三角形の板(鱗板)を床に張ったことだ。この工夫により、給仕口を茶道口に兼ねさせて、しかもスムーズな給仕の動線を確保することが可能となっているのです。「二畳半台目」の製作者は織田信長の弟である織田有楽(うらく)です。茶室作家として先行する千利休は、「待庵」で2畳という究極の最小限空間に挑んでいたが、有楽はそうした狭い茶室を「客をくるしめるものなり」として避けて、もう少しゆったりとした小間の茶室をつくっているのです。織田有楽(うらく)が造った国宝茶室「如庵」の間取りは「二畳半台目(だいめ)」、つまり通常の畳2畳+半畳+台目畳という広さでなのです。台目畳を4分の3の長さとして換算すれば、これは3.25畳です。一畳を1.8平方メートルとすれば5.9平方メートル、そこに鱗板の分を足せば、およそ6平方メートルと少しというところでしょうか?

国宝茶室「如庵」

国宝茶室「如庵」は、京都、東京、大磯、犬山と移動して現在に至っているのです。その移動性からも茶室は、カプセルに近いのではないでしょうか?日本発の建築ムーブメントとして、世界から注目を集めたメタボリズム。その建築は、江戸時代の茶室とその遺伝子を共有しているのではあるまいか?そんな捉え方で改めて国宝茶室「如庵」を眺めると、外側に付けられた袖壁の下地窓が目に入ってくる。中銀のカプセルに付いていたのと同じ円形のようにおもわれる。やはり国宝茶室「如庵」はカプセル建築のルーツなのだと思われる。

如庵と織田有楽

如庵とは
如庵は昭和一一年に国宝の指定を受けました茶道文化史上 最も貴重な遺構です。
日本の国宝茶室は京都山崎妙喜庵内の待庵、大徳寺龍光院内の密庵がございます。
如庵は現存する国宝茶席三名席の一つでございます。現在では国宝認定の制度が失われ、重要文化財という制度に変わってしまいましたのであたかも重要文化財よりも国宝の方がランクが上のように思われる方が多いのですが、これは指定された時期の相異でありまして上下関係はありません。但し、国宝の方が先に認定されたわけでありまして、早くから価値が認められていたことには変わりがありません。

出典 http://www7a.biglobe.ne.jp

一般社団法人かながわ福祉リフォームサポート機構へようこそ。

出典 http://www.wel-support.jp

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸